次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

「次世代育成支援対策法」に基づく一般事業主行動計画について

全ての従業員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うとともに、
次世代育成支援について社会に貢献できる企業となるため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間

2.内容

【目標1】
育児短時間勤務制度の適用範囲を現行の「子が3才に達するまで」から、
「小学校就学の始期に達するまで」に拡充して、ワーク・ライフ・バランスの充実を図る。
≪対 策≫
 2018年4月~ 制度改定の具体案を検討する作業部会を設置する。
 2018年5月~ 制度改定の具体策の検討
 2018年7月~ 育児休業等に関する規則の改定および従業員への周知開始

【目標2】
育児期間の所定外労働の制限の適用範囲を現行の「子が3才に達するまで」から、
「小学校就学の始期に達するまで」に拡充して、ワーク・ライフ・バランスの拡充を図る。

≪対 策≫
 2018年4月~ 制度改定の具体案を検討する作業部会を設置する。
 2018年5月~ 制度改定の具体策の検討
 2018年7月~ 育児休業等に関する規則の改定および従業員への周知開始

【目標3】
育児休業期間中の従業員に対し、毎月社内報を郵送するとともに、従業員および
家族が利用できる当社の利用優待券を同封し、休業期間中の情報提供および当社
商品を利用できる機会を積極的に提供する。

≪対 策≫
 2018年4月~ 発送手順および係る経費についての試算
 2018年6月~ 対象者への社内報、ご家族優待券の発送開始

【目標4】
従業員共助会(和幸会・ハート会)の会費について、育児休業期間中の
従業員に対しては、休業期間中は免除とする。

≪対 策≫
 2018年4月~ 免除とすることに対する影響について検討開始
 2018年6月~ 育児休業者への従業員共助会会費免除の制度運用開始

「女性活躍推進法」における一般事業主行動計画について
女性従業員を増やし女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画をする。

1.計画期間

2016年4月1日から2021年3月31日まで

2.当社の課題

【1】女性の応募、採用が少ない。
【2】女性の責任者(主任職以上)が少ない。

3.行動計画

【目標1】
採用者に占める女性比率を20%にする。

≪取組内容≫
 2016年4月~ 新卒、中途に関わらず女性の応募を増やすため、各対象の求人サイト、
           活用ツールの内容を見直す。
 2016年6月~ 求人内容の見直しに沿って求人サイト、活用ツールを改定する。
 2016年7月~ 新求人内容に沿って会社説明会を実施し、また、各種求人媒体を利用して、
           女性の活躍を推進する企業であることを広く周知する。
 2017年2月~ 前年の取組結果における女性採用数と課題について分析し、
           都度見直しを図る。

【目標2】主任職以上に占める女性比率を5%以上にする。

≪取組内容≫
 2016年4月~ 現在の昇格要件、評価制度に照らし、より最短で昇格へ導けるような
           教育制度を検討する。
 2017年4月~ 非正規雇用者層からの登用制度を検討し、教育制度の入口につなげる。
 2018年4月~ 新教育制度を試験的に開始し、その有効性を評価し都度見直しを図る。
 2019年4月~ 新教育制度を本格運用開始する。


女性の活躍に関する状況の情報公表(2018年3月31日現在)

 ◇正社員における男女比率
  ・和幸商事株式会社   男性:93.4%  女性:6.6%
  ・株式会社東邦事業   男性:94.4%  女性:5.6%
  ・和幸フーズ株式会社  男性:93.8%  女性:6.2%
 ◇正社員新規採用者における男女比率(2017年度)
  ・和幸商事株式会社   男性:80.7%  女性:19.3%
  ・株式会社東邦事業   男性:82.6%  女性:17.4%
  ・和幸フーズ株式会社  男性:87.5%  女性:12.5%
 ◇正社員における男女の平均勤続年数
  ・和幸商事株式会社   男性:11.1年  女性:5.5年
  ・株式会社東邦事業   男性:10.9年  女性:7.9年
  ・和幸フーズ株式会社  男性:11.1年  女性:4.4年

このページのトップヘ